忍者ブログ
日常におけるどうでもよい事象をろくでもない雑念を交え発信する。 面白いことなら無限にできるはずさ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆるピク

七月初旬。すがすがしい朝日に起こされる。寝苦しさも無く良い気候だ。

階段を降りて椅子に腰掛けるとリビングの扇風機が心地よい。首を振らぬ扇風機の前でふと居眠りをした。それが大きな過ちであった。
気がつくと少し体が冷えたようだった。急いで朝食をとり支度をして家を出た。
やや急ぎ足で定刻の小田急線に乗る。この列車を逃すと間に合わない。
新百合ヶ丘から急行に乗りかえ、万事予定通りのはずであった。

重大なインシデントが起こったのは登戸を過ぎたあたりであろうか。まずはエネルギーシステムの排出部のシグナルを検知する。
だがそこは混雑した電車内。何か出来る場所では無いのだ。終点新宿まで耐えるしかあるまい。
しかし、成城学園前にて事態は急変する。シグナルが異常を知らせてきたのである。


まずい、ゆるいぞ…

どうしてだ!悪いものでも食らったか!親父の汲んできた正体不明の水は口にしていないし、牛乳一気飲みだって記憶にないぞ。


しかし思い当たる節が一つだけ見つかってしまう。扇風機であった。腹を冷やしたのである。


あのとき、せめて首振りにしていれば…


いつからか腹が弱くなった。かつてストッパのCMを嘲笑って見ていたというのに。
すでに括約筋はピクピクと痙攣をしている。最近の報道風に言えば「かなり危険な状況」である。
悩んだ挙げ句決心する。背に腹は代えられぬ。現に腹は耐えられぬのだ。

下北沢

下に…きたか…
と言わんばかりに人をかき分け途中下車。既にこっちは終点だ。
焦るが故に一目散に階段を駆け上がる。馴染みのない乗換駅で、あがった先には井の頭線が走っていた。

しかし、無いのである。近くの駅員に訪ねると、ホームの端までいった先の改札の外だという。
腹に爆弾を抱えた私は一刻も早く危険物処理をせねばならい。
こんな時に限って判断を誤ってしまったのである。便がよい駅だというのに。

私は不審者のごとくホーム走った。遠回りしてようやくたどり着いた。そして


アヌステルダムは決壊した。南下してブリュッセル。


ほどなく安堵を得る。たしか入口に男女共用と書いてあったことを思い出して複雑な心境になる。和式にジーパンというものが、いかに不都合な組み合わせであるかと考えさせられた。
次に使われる方、多少の粗相は水に流していただきたいものである。


結局遅刻をして受けた小テストに弁明欄などなかった。運行のせいにはならぬということか。
PR

書き初め

そうだそうだ、今年一番に吉原へ出向いて「抱き初め」ってのはどうでい?

おおーそりゃおもしれえ話だが、おめえさん厄年だから女に振られてひとり「掻き初め」てえ事にゃあならねえかあ?ゲラゲラ


ちょっとあんたら正月そうそう馬鹿なこと言ってるんじゃないよ。
書き初めの前に、とっとと筆をおろしとくれ。

エネルギー・サイクル

私は急いで向かった。

水辺へ到着すると、安心して座り込んだ。

ゆっくりと息を吸いこみ、その時を待つのだ。

まもなくその時はやってくる。

天から大地へ、エネルギーの還元のとき

山を切り拓き現れる

そして私は脱力感に身を委ねる。

ふと立ちあがってみると

座礁したクジラが海へ還るように、ゆっくりと水に浸かってゆく。

ただそれだけのことに感動できるのならば、私はたいした幸せものかも知れない。


今日も良いうんこだ。

うつ日記デビュー

最近のSNSでは「うつ日記」や「うつポエム」というものが流行っているそうである。

しかもそれを書けば

「がんばって、元気出して、~君なら絶対出来るよ!」
「すごく気持ちわかる!」 「そういう大変な時期もあると思うけど~」


のような同情、声援の類のメッセージが女の子から頂けるのだから真似する他にない。




「うつ日記」

思い起こせば映りし姿
脈打つ身体を寄せ合えば
うつむき歩く明けからす
情も移りてミイラ取り
撃ち砕く男の勘違い
心の都はいずこへ遷る
現か夢幻か



ライムスターの肉体関係Part2懐かしいな、たぶん同級生の青春ソング。
数学や哲学もいいが、たまにゃ皮肉もいいだろう。そんなもの心うつか。

仙人の道もインポから

仙人の道もインポから始まる

言葉通り多く世の男性はその高い性欲に悩むのである。

いま、机に向って勉強しようとする。しかし目の前にはインターネットという便利すぎる魔物と、yourfilehostというピンクサーバによって志は折れる。

ではその煩悩から逃れるにはどうすればよいのかといえば、無理にもその環境を作らないことにある。つまり、利便性を求めた現代の進歩と逆行せねばならぬ。

しかし困ったことに日本全国どこでもインターネットが普及した故、完全に逃れるのは不可能だろう。

山に籠り、ケータイを逆パカしてでも自制しなければならないか。人の作りしものに溺れるのは哀れだ。

去勢すれば少しは学に傾くか。古代宦官(去勢した官吏)のように出世の道になるだろうか。

島耕作もビル・クリントンもきっと理性と戦ってるんだろう。だから時代のせいにしちゃあいけない。

「賢者タイム」がずっと続けばいいものだが、若さは回復力として顕著にあらわれる。

「ハードディスクは抜いてから整理せよ」との格言も、妙に納得がイクのである。
        
  • 1
  • 2