忍者ブログ
日常におけるどうでもよい事象をろくでもない雑念を交え発信する。 面白いことなら無限にできるはずさ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

くそ

部屋ではいつも、目くそ鼻くそ耳くそ、あらゆるくそを空にすることに精を出している。ティッシュの上に。
PR

サクラ

先日の事。観桜期の千鳥ヶ淵にヤクルトレディが居た。

レディの足元には男の子が泣きついている。察するに息子らしい。

ジョアとヤクルトを頼み、ついでに「こちらの坊ちゃんにもひとつ」といってお金を出した。

人一倍の感謝をされて良い気分で歩いていたら、ふと気づく。


ああ、あれはサクラだったのか。

マッスルなめこ縛り

なめこのアプリが流行っているよ!と言われてしぶしぶ始めた

おさわり探偵 なめこ栽培キット

であるが、全クリは時間をかければ誰でも出来たようである。

そこで友人が途中で挫折した「縛りプレイ」を実践してみた。

今回は最も愛着のわいた「マッスルなめこ(英語名:Macho)」縛りをする。



さて、縛りプレイの目的は「一種類のなめこだけですべて埋めること」である。

やり方は簡単で、目的以外のなめこが生えたら剪定する、ただそれだけである。

注意点としては目的のなめこに触れないこと。これがとてつもなく難しいのだが

基本的には後列を優先する。以下のような場合に○を剪定することが(おそらく頑張れば可能だが)実践上困難だからである。後列だけ抜くことも可能ではあるが、大変神経を使う作業となるのでおすすめしない。

●●●
 ●○●
  ●●

なのでこの場合はあきらめて前列の●二つをはじくとよい。こうしていくと以下のように逆三角形のグループになる。
●●● ●●
 ●●    ●
  ●

途中経過



左下のほうには「ここには生えないで」という意味で他種が放置されている。

さて、あとは時間との闘いである。

マッスルなめこの出現頻度は体感50分の1程度だろうと思われる。出るときは出るし、出ないときは出ない。

間違って抜いてしまったことが幾度もあった。



しかし、めげずに続けた結果とうとう完成したのである。




マッスルなめこ

かわいい。

良心潔癖症

病名:良心潔癖症

目の前で他人のポイ捨てを目撃したのに、隣の彼女や周囲の目線を気にして拾おうとしない。

ドミノ倒しの自転車を横目に、気づかなかったふりをして通過する。

これらの行動の後に強い自責の念にかられる場合は「良心潔癖症」の疑いがあります。

原因:
主な原因は勇気の無さです。できるはずの正義をやらないことで、自分の存在価値を疑い、結果として苦悩に満ちあふれるちっぽけなものです。

治療:
まず「気にしないこと」です。「まあ、自分には関係ない」といった軽い気持ちでいましょう。
何事も見て見ぬフリをするのです。なれてくると自然と気にならなくなるはずです。

そして傍若無人になりましょう。ここまでくれば完治です。

一人一人が力を合わせてこれを行えばきっと、
社会は汚職にまみれ、政治は腐敗し、国の誇りは消え失せるでしょう。





自分の心の小ささを痛感する一年でした。反省が唯一の成長材料と信じたい。

よいお年を。

イケメンを漢字で書くとどうなるだろう

イケメンを漢字で書くとどうなるだろう。

そもそもイケメンという言葉の意味は何か。一般にイケメンといえば容姿、容貌ともに美しい男を指す。狭義には美しい顔立ちの男子の事を指す。

(以下ウィキペディア)
また、地顔の良さをさすというよりは、ファッションセンスの良さ(特に髪型)等に起因する表現として使われる。以上


語源は「イケてる + メンズ または面」であるが、昨今は専ら狭義を指すことが多いと思う。

※メンズ説の由来は99年1月号の「egg」編集者より
※ 面 説は不明だが広辞苑第六版に「いけ面」との表記がある

狭義の使用例:
「顔はイケメンだけど格好が・・・」
「顔だけみればイケメン」

考察

イケてるの語源は「いかす」「いかしている」で、「いかす」は「行く」が転じた言葉とされている。(言語由来辞典より一部引用)

また、上に書いた狭義の意味を用いれば「行け面」と考えられるが、実用的な意味と比較するとおかしいことは明らかである。これだと「あっちむいてほい」のようである。

他には「活け面」、「粋面」←これ案外イイと思う。なんか落語に出てきそうだ。

「おめえさん今日も粋な面(つら)してやがんなあ」ってな調子で。

こんなこと思いついたのも昨日落語研究会の公演をみてきたおかげである     @池袋文化ホール

そんな当て字でいいのかとの批判もありそうだが、「女郎花」とか「善知鳥」とか、意味で出来た日本語の名詞はいっぱいあるのだ。

ちなみに「美人」もともとは男向けの言葉、若き日の世阿弥もそう呼ばれてたのかもしれない。私は「癖」ではないが女装は好きで、年に1度くらいはしてみる。後輩に「女装と日本人」という書籍をもらうくらいだ。

不謹慎ながら今日亡くなったマイケル・ジャクソンのような手法でイケメンを作るのではなく、髪と服装整えたら街へ繰り出し、我々江戸の草食系男子も「粋面」になろう。

ただし「呑む打つ買う」を覚えてから。

ご冥福をお祈りします。


昔のイケメンと今のイケメン

喝食の面


未来のイケメン 余談だが、兄に似ている