忍者ブログ
日常におけるどうでもよい事象をろくでもない雑念を交え発信する。 面白いことなら無限にできるはずさ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人生関数

人生を抽象的に捉えれば、
t :時間

とする関数

人生 = f(t)

と見なせるだろう。

つまり、ある時間によってその人が一意に定まる事を意味する。
要は「運命」である。

例えば

木内=K(t)とおく。

t=1987年9月23日
K(1987年9月23日)=この関数が初めて観測される(誕生)

t=現在
K(現在)=家でblogを書いている。

t=明日の17時
K(明日の17時)=バイトをしている(だろうと思われる、未来は現状で認知不可の為)

つまり「ある人が、その時間にしていることは1つに定まる。」ということ

※わかると思うが念のため
「マンガ読みながら、ウンコしながら、歯磨きをしている」は1つの行動である。


そこに佐藤という関数S(t)が存在して

K(t1)=S(t1)

ならば時間tで二人は出会ったと考えよう。

つまりこの2つの関数が交わるところが、出会いである。
次回すなわち

K(t2)=S(t2)

なるt2が存在しないとき、一度きりの出会いである。


これらを考えた場合以下のことが言える。


定理1.諸行無常の定理
≠t(ただしt<t)  ならば K(t1)≠K(t2) であり逆も成立する

意味は「違う時間においては必ず別の行動をしている」

証明
時間は一方向である。ゆえに時間が違えば別の行動をする。
もし、同じ行動をしているという言語的解釈ができたとしても前の時間tより必ず何かの変化がある。
たとえばtよりt2のほうが体中の細胞が分裂しているはずだし、外では車が動いて別の場所に移動している。

t2-tがどんなに小さくても、地球はまわっているし、宇宙も広がっている。
無論そんなものの影響はほぼないがそれがゼロではない。

よってK(t1)≠K(t2)



定理2.一期一会の定理
K(t1)=S(t1)
のとき
K(t1)=S(t1)=K(t2)=S(t2)
なるt、t(ただしt≠t)は存在しない

意味は「今出会っている時間は、2度と巡っては来ない」

これは定理1より
 
K(t1)≠K(t2)
であるので明らかである

現実に目を向けよう

「一生あなたに添い遂げたい」というのは

t→∞  ⇒ K(t)=N(t)

を望んでいるに他ならない。(
tの定義域は寿命までだろとの反論は、抽象的に捉えるという前提故、ご容赦頂きたい)

将来家族が増えて、皺だらけの老人になって、同じ墓に入る事を望む。
二人は「収束」する。

二つの関数は幾つの新しい関数を生むか。


人間を関数で考えるなど馬鹿馬鹿しいと思うかも知れない。

しかし相手に疑問を投げ掛け、回答を得る行為も「相手」という関数を知るためのブラックボックステストに過ぎないのである。

例をあげると
回答(血液型は?) = O型

回答(好きな男性のタイプは?) = 優しい人

疑問を変数とし回答という結果を得る。それは関数と同じであろう。

すると何が言いたいのか。

未来を変えることが出来るかは不明だが、時間が確かにもったいないと思うのである。
PR

投票者の最善の行動

選挙権

選挙に行かない20代が多いという。なぜだろうか。


昔の人がどれだけ苦労して、選挙権を得たのか十分に社会の授業で習ったつもりである。


実は私にもとうとう初めての選挙権(参政権)が与えられた。
そこで今回、投票者の最善の行動について考える。
ただし都議選にならい、小選挙区制での投票を条件とする。


選挙人はまず次の2つの行動から1つを選ぶことが出来る。
・投票する
・棄権する

まず「投票する」場合

選挙という多数決の中において、投票者にとって最悪の結果は何か。
それは自分の票が死票になることである。つまり自分の投票した者が落選すること。

落選した候補の得票率によっては多少心理的な影響はあるが、どうあれ最終的に少数であれば落選し価値はなくなる。故に投票した者の敗北は最も避けたい事態である。

では、勝算の高い者に投票すべきかというと、一概にそうとは言えない。
複数名から1名を選ぶ場合は、勝算の高い者(または勝算のある対立候補)に投票すべきだが、

複数名から複数名を選ぶ場合は考える必要がある。

たとえばA,B,C,D,Eの5名が立候補していて、上位3名が当選するとする
ここでAがずば抜けて強かった場合、「A以外は支持できない」という考えを除き、Aに投票することは無駄である。

考えるのは3名の枠に誰が入ることが(自分は)望ましいかである。

ここで自分の考えが以下であるとする
A ○
B △
C ×
D ○
E ◎

望ましい ◎>○>△>× 望まない

Eに入れたいが落選してしまうかもしれない。
そこで誰に投票すると死票になるのかという情報が必要となった。
言い換えれば投票状況の情報である。

この情報を完全に把握できれば(つまり開票状況がわかれば)、誰に投票すべきかを確実に決定できるが無論それは不可能だ。

投票状況を読む材料としては以下のものが考えられる
・選挙事務所の情報
・出口調査
・世論調査
・前回の同じ選挙の結果(現職、落選者に限る)

など

出口調査はTVの規制で投票時間後の発表なので、インサイダーが必要。
選挙事務所も同様である。よって世論調査(政党支持率)と”過去問”が現実的である。

先ほどの例を予想した結果以下のようになったとする。単位は%
A ○ 30
B × 25
C △ 20
D ○ 20
E ◎  5

Eに入れれば死票になる可能性が高いので残念だがあきらめる。
Aは堅いので投票する必要もない。BよりもCを応援したいが、2番も3番も当選には変わりないのでDに投票すべき、となった。

死票のリスクを完全に避けたわけではないが、焼け石に水を一滴たらすよりは信念を曲げてでも効果のある一票を投じるべきと考える。


話を戻して「棄権する」場合

棄権いう選択肢をとるべき時はどのようなときなのか
・全立候補者が不満である
・自分の間違った一票を投じたくない
・選挙権が必要ないという意思表示
・過半数阻止工作(国会などで)

自らの意思で棄権をする人の意見は一番目が多いが、面倒で選挙に行かない人が大半であるのが現実だ。結果、宗教団体や組織の息のかかったところが有利になりやすい。

結局、よほどの理由がない限り棄権は避けるべきであるだろう。


話は変わるが以前に政治学科の友人と「投票権数の差別化」を議論したことがある。

具体的には
高卒<大卒<院卒<官僚、法曹、教授、上級資格者

のようにインテリには多くの投票権をというもの。

私は反対の立場だが、不必要な投票権の印刷、発送コストは削減してもよいのではと思っている。

二次関数とかけて色欲ととく

二次関数とかけて色欲ととく

そのこころは


二次関数の一般式 f(x)=ax2+bx+c とし

恋のABC を一般的見解いわゆる
A…キス
B…ペッティング(愛撫、前戯)
C…インサート(挿入、本番)
と定義する
また大文字と小文字の区別は無視する


(証明)
x=「愛情」とおく

愛情の量が普通のとき
x=1 ⇔ f(x)=a+b+c である


愛情が増したとき
x=2 ⇔ f(x)=4a+2b+c   

これは「性交渉の機会に対し、唇や愛撫の回数が飛躍的に増えた」と理解できる


愛情が無くなったとき
x=0 ⇔ f(x)= c

つまり、求めるものはカラダだけになってしまう。

以上より f(x)=男女の恋 と考えられる。

また、負の愛情は存在しない。たとえば嫌悪は愛情の反対とは一概には言えないためである。よって x≧0 で成立。

(証明おわりでいいのかな…)


なんつーフザケタことを、一年くらい前に落語研究会の「目白亭柔豚(ニュートン・当時)」に言ったのがウケたのを思い出したので掲載しました。

万有引力と放物線には何かの縁があるのかもしれません。


ところでABCとは書きましたが、結局それらは順序を示しています。

そもそも順序とは何でしょうか。後輩で「Cから始まる恋もあり」ということを言っていたビチ子ちゃんがいました。人それぞれだというのは投げやり過ぎですが、第三者が介入すべき事柄でも無いはずです。
細かい言い訳をするならばA∈B∈C  (∈は「右は左を含む」)
であるし「付き合って~か月」だから良い悪いの議論は甚だおかしいものであると思います。
周りの意見に流されず自身の考えを持つことが必要なのだと考えます。

ABCってのももはや隠語ではないので、明日から「恋の序破急」って言ってみたらどうでしょう。



(以上、昨年反響のあったmixiの日記より転載)

恋のABC を一般的見解いわゆる
A…キス
B…ペッティング(愛撫、前戯)
C…インサート(挿入、本番)
と定義する
また大文字と小文字の区別は無視する


(証明)
x=「愛情」とおく

愛情の量が普通のとき
x=1 ⇔ f(x)=a+b+c である


愛情が増したとき
x=2 ⇔ f(x)=4a+2b+c   

これは「性交渉の機会に対し、唇や愛撫の回数が飛躍的に増えた」と理解できる


愛情が無くなったとき
x=0 ⇔ f(x)= c

つまり、求めるものはカラダだけになってしまう。

以上より f(x)=男女の恋 と考えられる。

また、負の愛情は存在しない。たとえば嫌悪は愛情の反対とは一概には言えないためである。よって x≧0 で成立。

(証明おわりでいいのかな…)


なんつーフザケタことを、一年くらい前に落語研究会の「目白亭柔豚(ニュートン・当時)」に言ったのがウケたのを思い出したので掲載しました。

万有引力と放物線には何かの縁があるのかもしれません。


ところでABCとは書きましたが、結局それらは順序を示しています。

そもそも順序とは何でしょうか。後輩で「Cから始まる恋もあり」ということを言っていたビチ子ちゃんがいました。人それぞれだというのは投げやり過ぎですが、第三者が介入すべき事柄でも無いはずです。
細かい言い訳をするならばA∈B∈C  (∈は「右は左を含む」)
であるし「付き合って~か月」だから良い悪いの議論は甚だおかしいものであると思います。
周りの意見に流されず自身の考えを持つことが必要なのだと考えます。

ABCってのももはや隠語ではないので、明日から「恋の序破急」って言ってみたらどうでしょう。



(以上、昨年反響のあったmixiの日記より転載) " dc:identifier="http://not6.blog.shinobi.jp/%E3%81%91%E3%81%97%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%93%E6%95%B0%E5%AD%A6/%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%A6%E8%89%B2%E6%AC%B2%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%81%8F" /> -->